眉毛が生えない・抜ける病気とは?症状や行くべき診療先はどこ

眉毛が生えない病気

眉毛が生えない、抜ける…そんな時

「もしかして何かの病気では?」と心配になりませんか?

もちろん、原因がわからず突然に眉毛が生えなくなってきたら何らか体に異変が起きているのは間違いありません。

症状が改善されない、悪化する場合は、病院に行くのも1つの方法です。

病院に行く前に、心構えとしてどんな症状が当てはまるのか、一度チェックしてみましょう。

今回は眉毛が生えなくなる病気や、その症状をまとめましたので参考にしてみてください。

眉毛が生えない病気は何が考えられる?

mayuge_haenaibyouki

眉毛が生えない病気にはいくつか考えられます。
以下の症状が自分自身にないかチェックしてください。

①眉毛が円形に抜け落ちてきたら脱毛症の可能性あり

脱毛症とは、ストレスや外的要因で体毛が抜け落ちる病気です。

円形脱毛症や10円ハゲと言われることが多いですが、この脱毛症は髪の毛だけにかからわず、眉毛も生えなくなることがあります。

症状の特徴としてはこうです。

初期段階:一部分だけ眉毛が薄くなるor少なくなる

最初から、いきなり全部眉毛が抜けるようなことはありません。
円形脱毛症の場合でも、最初から丸く眉毛が抜けることはなく、
徐々に薄い部分が広がって行くような感じです。

中期段階:眉毛の一部分がぽっかり毛が無くなる

中期段階に入ると、眉毛の一部分がキレイに毛が無くなります。
初期段階で気付ければいいですが、元々毛が薄い人だと
この中期段階になって初めて円結脱毛症になったことに
気づく人がほとんどです。

指で触ると、キレイに脱毛したかのようにツルツルとした
触り心地になります。

後期段階:眉毛に数カ所円形脱毛ができ最悪全部抜け落ちることもある

円形脱毛症が進行すると、数カ所に脱毛ができます。
またキレイに円形だけじゃなく、眉頭からランダムに
毛が抜けることも…

その複数の脱毛が広がると、
最終的には眉毛が全て抜け落ちることもあります。

②眉毛の片側だけが薄くなるか、無くなったら甲状腺機能低下症の可能性あり

眉毛の外側の1/3から半分くらいの部分が薄くなってくるのは、
甲状腺機能低下症という病気の症状の一つとして考えられます。

何らかの理由で、甲状腺ホルモンが少なくなってしまう病気ですね。
甲状腺ホルモンは人の体の新陳代謝を司るホルモンです。

人間の体毛は、新陳代謝によって抜けたり生えたりしますので
この機能が低下すると体毛はもちろん眉毛も生えてこなくなるという
影響があります。

眉毛が抜けるという症状以外にも、体のだるさを感じる、
やる気が出ないなどの症状
一緒に出ている人はこの病気を疑った方がいいですね。

現在は、この病気を改善するいい薬が出ていますので、
気になる症状が現れた場合は医師の診断を受けましょう。

この場合は、市販の育毛剤などは
使用せずにまず病院に頼りましょう。

眉毛が生えなくなった時はどこの病院に行けばいい?

眉毛生えない時の病院

眉毛が生えなくなったから、病気かもしれない…
でもどこの病院で診察を受ければいいの?何科なの?
って思っちゃいますよね。

まずは皮膚科に行きましょう!

とりあえず皮膚科に行ってみないことには原因がわかりません。
その後、皮膚科の先生の診断により自分に該当する病院に行くのが、眉毛が抜けた原因を知る近道です。

その後、脱毛症ではないことがわかれば、女性で生理不順などホルモンバランスの乱れを感じる場合は婦人科へ。

眉毛や体毛以外の体の異常を感じる時は、内科に行きましょう。

そのほか、精神的ショックを受けたり鬱状態な人は
心療内科に行ってみることをお勧めします。

元は生えていた眉毛です。
眉毛が生えなくなった原因がわかれば、治療法もわかります!

病院に行く前くのをためらう人や、別に精神的にも体調的にも問題が無かったという人は、自宅で育毛できる方法を試してみましょう。

眉毛を抜きすぎて生えなくなった人や、自宅で育毛したい人の方法を

眉毛が少ない…突然生えてこなくなった私の眉毛育毛方法

という記事にまとめているので、気になる人は読んでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*